おひとりさま三昧

おひとりさまは寂しくなんかない。ポジティブにおひとりさまを楽しんでいます。

岡山との別れを惜しむ

もう少しで私は岡山県を離れます。

岡山県は県南に15年、県北には3年ほど住んでいました。
生まれ育った場所ではなかったけれど、長年住んでいると愛着がわいて第二のふるさとのような気がしてきます。
それがいよいよお別れとなると寂しさがこみ上げてきます。

f:id:ohitorisamazanmai:20180402195557j:plain

 先日、大阪で友人たちと会った時に岡山のお土産を持って行きましたが、岡山のお土産を渡すのも最後になるんだな、と思うと、急に名残惜しい気持ちになりました。
自分でもビックリしましたが、よく考えればそれも当たり前かもしれません。
たしかに離婚や再婚したのも、おひとりさまになったのも岡山に来てからでした。
私の人生が波乱万丈になった背景にはいつも岡山がありました。
たくさんのいい思い出もつらい思い出も私には宝物です。
いつまでも胸の中にしまっておきたいものです。

 

まだ何かと手続きが残っていますが、その合間にできるだけ岡山とのお別れをするつもりです。
お墓参りや以前夫と一緒にお花見したところ、カフェ、娘たちとの思い出の場所などに、もう一度行ってみようと思います。
また、短い間でしたが、家ともしっかりお別れしようと思います。
特に何かするわけではないけれど、今までありがとう、と言いたいです。
感謝の気持ちを表すためにも、しっかり片づけてから去りたいと思います。